ビジネス

エスティ ローダー、身売りの噂を否定

エスティ ローダー、身売りの噂を否定

 エスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES)はユニリーバ(UNILEVER)に身売りをするという噂を否定した。社員に送られた社内メールでは、ウィリアム・P・ローダー(William P. Lauder)=エグゼクティブ・チェアマンとファブリツィオ・フリーダ(Fabrizio Freda)社長兼最高経営責任者が「最近メディアで流れているエスティ ローダー カンパニーズの身売りや合併という噂を否定する。ローダー家と取締役会は独立した企業としてのプライドを持ち、今後もその姿勢を貫く」と述べている。

 ローダー家は同社の株式の87%を保有している他、プレステージビューティのブームの影響で業績も非常に好調で、身売りは考えにくい。しかし、ユニリーバと交渉しているという噂は数日前から立っていた。さらに、身売りの対象には競合相手であるロレアル(L’OREAL)の名も挙がっていた。「サンデー・タイムズ(THE SUNDAY TIMES)」紙には、ゴールドマン ・サックス(GOLDMAN SACHS)とエバーコア(EVERCORE)にも話が回っていたと報道されていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら