ビジネス

エスティ ローダー、身売りの噂を否定

エスティ ローダー、身売りの噂を否定

 エスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES)はユニリーバ(UNILEVER)に身売りをするという噂を否定した。社員に送られた社内メールでは、ウィリアム・P・ローダー(William P. Lauder)=エグゼクティブ・チェアマンとファブリツィオ・フリーダ(Fabrizio Freda)社長兼最高経営責任者が「最近メディアで流れているエスティ ローダー カンパニーズの身売りや合併という噂を否定する。ローダー家と取締役会は独立した企業としてのプライドを持ち、今後もその姿勢を貫く」と述べている。

 ローダー家は同社の株式の87%を保有している他、プレステージビューティのブームの影響で業績も非常に好調で、身売りは考えにくい。しかし、ユニリーバと交渉しているという噂は数日前から立っていた。さらに、身売りの対象には競合相手であるロレアル(L’OREAL)の名も挙がっていた。「サンデー・タイムズ(THE SUNDAY TIMES)」紙には、ゴールドマン ・サックス(GOLDMAN SACHS)とエバーコア(EVERCORE)にも話が回っていたと報道されていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら