フォーカス

新卒3年目の離職率が1割未満! ビームスが社員に愛される理由

 昨年40周年を迎えたビームス(BEAMS)は、 “ハッピー・ソリューション・カンパニー”を掲げ、さまざまな異業種コラボやユニークな企画など、ファッションを軸にしながらもその枠にとどまらない活動をしている。国内約150店舗を運営する他、香港や北京、台北、バンコクにも出店するなど、海外にも進出し、17年2月期の売上高は744億5000万円。そんなビームスの新卒採用基準とは?人事本部人事業務部の吉野亮さん(以下、吉野)に聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):来年4月入社の採用活動はすでに終了したそうですね。何人の採用が決まりましたか?

吉野:今年は過去最多の100人強に内定を出しました。

WWD:過去最多ですか。もともと予定していた人数ですか?

吉野:今後事業拡大を図るにあたり、昨年の倍近く採用する計画でした。

WWD:売り手市場だったと思いますが、倍というのは大変ではなかったですか?

吉野:そうですね、非常に不安でした。

WWD:実際蓋を開けてみてどうでしたか?

吉野:応募数は例年並みでひと安心でしたが、内定のハードルが下がってしまうのではないかというのが心配でした。ですが、実際に内定者の方たちを見てみると、むしろ例年よりビームス愛が強い人たちが集まったかな、と感じています。

WWD:そもそもどういう人材を探しましたか?

吉野:まず大前提として、ビームスが好きな人です。あとは、自分の好きなことを追求できる人。社長の設楽(洋)も「努力は夢中に勝てない」とよく言っています。どんなことでもいいのですが、のめり込んだ経験のある人ですね。それでいて、いろいろなことに興味を持てる柔軟性も重視しています。さまざまな知識や感性の持ち主が集まって、新しいことに取り組んでいきたいので、素直に吸収できる資質も大事だと考えています。

WWD:ビームス好きというのは、やはり分かりますか?

吉野:分かりますね。表面的にお店だけを見ている人と、会社としてどんなことをしていて、自分もこういうことがしたいという具体的なイメージまで語る人とでは、明らかに伝わってくるものが違います。

WWD:何かに夢中になったことがある人というのは、具体的にどんなことに夢中だったりしますか?

吉野:ダンスが好きで著名アーティストのバックダンサーだった人や、「Sex and the City」が大好きでずっと観ていたら英語がペラペラになったという人など、対象はさまざまですが、何かにグッと入っていける人は面白いですね。

WWD:ところで、過去最多の採用数を達成するために人事部としては何か特別な仕掛けや努力をしましたか?

吉野:例年は書類選考で10分の1くらいに絞って面接をしていましたが、今回はそれを非常に広げまして、できるだけたくさんの人に会うようにしました。

WWD:会う人を増やしたんですね。

吉野:そうです。1次面接だけ1対1なので、一人10分。人事部6人で1週間に1000人を面接しました。

WWD:壮絶ですね……。

吉野:そうでしたね……。ですが、やはり紙だけは分からないことも多いので、取りこぼしは少なくなったと思います。2次以降は各部署から面接官を集めて、4次面接では副社長が同席します。

WWD:採用は面接のみですか?

吉野:はい。1次と2次の間に一応ウェブテストをしていますが、それは合否には関係なくて、あくまでだいたいの学力とパーソナリティー診断を見るためのものです。

WWD:努力の甲斐あって、最多採用の目標は達成したわけですが、今後出店を増やすということですか?

吉野:店のオープンもありますが、今後海外市場にも力を入れていこうという方針なので、先々そういった事業に携われるような語学力が高い人も、例年より積極的に採りました。

WWD:今年4月に入社した新卒は何人ですか?

吉野:58人です。うち男性は20人です。

WWD:アルバイトから入社の人もいますよね?

吉野:はい。10人ちょっと。

WWD:必ずしもアルバイトからの人が入りやすいというわけではなさそうですね。まずは全員店頭からですか?

吉野:基本的に最初は店頭です。厳密に言うと、物流部門の採用者以外は全員です。

WWD:物流枠もあるのですね。

吉野:あります。今年は1人内定を出しています。

WWD:新入社員研修ではどんなことを行いますか?

吉野:全国から原宿に集まっていただき、人材開発部が2週間一斉研修を行います。正直、弊社には明確な接客ルールやマニュアルがないので、接客については本当に基本的なこと、一連の流れやラッピングなどですね。あとはサービスマスターという接客のスペシャリストが心構えなどを話したります。他に、新入社員がさまざまな部署にインタビューして、互いに各部署の仕事内容をプレゼンするなど、割と自分で考えて行動するワークショップ的なことをやります。