ファッション

「バーバリー」とファーフェッチが提携 ベイリーのラストコレクションが発表後即販売へ

 「バーバリー(BURBERRY)」はオンラインでのプレゼンスを高めるため、英発ECサイト「ファーフェッチ(FARFETCH)」とパートナーシップを締結する。同ECサイトのオペレーティングシステム、ファーフェッチAPIとの統合技術を開発し、「バーバリー」の世界中の商品在庫状況を「ファーフェッチ」で確認、購入できるようになる。これにより、「バーバリー」はさらに150カ国以上で販路を拡大する。さらに「バーバリー」はこの提携の基礎になるテクノロジーにより、既存および新規の他のECサイトパートナーとの関係を築きやすくなることも期待しているという。

 ダニエル・ヒーフ(Daniel Heaf)=バーバリーデジタルコマース、デジタルマーケティング部門シニア・バイス・プレジデントは「ファッション性の高い若い消費者にリーチするために自然にこの決断に至った。われわれのECサイトでも提携先のECサイトでも、『バーバリー』のブランドDNAが最大限に伝わるようなデジタル表現がしたい。ファーフェッチと密接にやりとりし、一貫性のあるオンラインのショッピング体験を提供する」とこの提携の目的を明かした。

 「バーバリー」はクリストファー・ベイリー(Christopher Bailey)=プレジデント兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーが手掛ける最後のコレクションとなる、2018-19年秋冬コレクションのショーを2月17日にロンドンで開催するが、この提携システムはショー開催後に即時実装される。

 2018-19年秋冬コレクションではLGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィア)の若者を支援するため「バーバリー」の代名詞ともいえるチェックにLGBTQの象徴であるレインボーカラーを施したアイテムが登場する予定だ。これらのアイテムや復刻コレクションはショー終了後、即時「ファーフェッチ」で購入可能になる他、「ファーフェッチ」限定でこのコレクションにインスパイアされたトートバッグを発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら