ビジネス

クリストファー・ベイリーが17年勤めたバーバリーを去る

  バーバリー(BURBERRY)のプレジデント兼チーフ・クリエイティブ・オフィサー(以下、CCO)を務めるクリストファー・ベイリー(Christopher Bailey)が2018年3月に現職を辞し、年末には同社を去る。メゾンが31日(現地時間)、明らかにした。

 ベイリー・プレジデント兼CCOは17年にわたる仕事を振り返り、「『バーバリー』も次の旅に出るとき。経験は、素晴らしいものだった。17年にわたり、素晴らしい人たちから多くを学んだ。『バーバリー』は、イギリスの素晴らしさを体現するようなブランド。ただこれからも進化を続け、才能ある人々がブランドをさらなる高みに押し上げるだろう」とコメント。同社を去った後は、別のクリエイティブなプロジェクトを模索するようだ。またメゾンは、「ベイリーは、18年末までマルコ・ゴベッティ(Marco Gobbetti)最高経営責任者とデザインチームを全力でサポートする」とのコメントを発表した。

 ベイリーは2001年にバーバリーに加わり、ライセンスに依存したアウターウエア中心のビジネスを世界規模のラグジュアリー・ブランドへと押し上げた功労者。最近まで同社のCEOを務め、ビジネスとクリエイションの双方で陣頭指揮を執っていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら