ビジネス

クリストファー・ベイリーが17年勤めたバーバリーを去る

  バーバリー(BURBERRY)のプレジデント兼チーフ・クリエイティブ・オフィサー(以下、CCO)を務めるクリストファー・ベイリー(Christopher Bailey)が2018年3月に現職を辞し、年末には同社を去る。メゾンが31日(現地時間)、明らかにした。

 ベイリー・プレジデント兼CCOは17年にわたる仕事を振り返り、「『バーバリー』も次の旅に出るとき。経験は、素晴らしいものだった。17年にわたり、素晴らしい人たちから多くを学んだ。『バーバリー』は、イギリスの素晴らしさを体現するようなブランド。ただこれからも進化を続け、才能ある人々がブランドをさらなる高みに押し上げるだろう」とコメント。同社を去った後は、別のクリエイティブなプロジェクトを模索するようだ。またメゾンは、「ベイリーは、18年末までマルコ・ゴベッティ(Marco Gobbetti)最高経営責任者とデザインチームを全力でサポートする」とのコメントを発表した。

 ベイリーは2001年にバーバリーに加わり、ライセンスに依存したアウターウエア中心のビジネスを世界規模のラグジュアリー・ブランドへと押し上げた功労者。最近まで同社のCEOを務め、ビジネスとクリエイションの双方で陣頭指揮を執っていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。