ビジネス

マルコ・ゴベッティ前セリーヌ会長兼CEOがバーバリーに入社

 マルコ・ゴベッティ(Marco Gobbetti)前セリーヌ(CELINE)会長兼最高経営責任者(CEO)が1月27日にバーバリーに入社する。当初はCEOとして入社予定だったが、7月4日まではアジア太平洋地域と中東担当のエグゼクティブ・チェアマンを務め、7月5日にCEOに就任する予定だ。ゴベッティ次期CEOの就任まではクリストファー・ベイリー(Christopher Bailey)=チーフ・クリエイティブ・オフィサーが引き続きCEO職を兼任。7月5日以降は新たに設けられる社長職を兼任する。

 バーバリーは昨年7月、ゴベッティ次期CEOの2017年中の入社を発表した。合わせて就任が発表されたジュリー・ブラウン(Julie Brown)新最高執行責任者(COO)兼最高財務責任者(CFO)は、1月18日に入社予定だ。同社は今回の一連の人事について、オペレーションの簡略化とコストカットを図るとともに、顧客ベースを観光客からデジタルに密接したより若いローカルに移行するための施策の一環としている。

【関連記事】
コーチと合併のウワサでバーバリーの株価急上昇
バーバリー新CEOにセリーヌ会長兼CEO クリストファー・ベイリーは社長兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーに

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら