ビジネス

コスト削減真っ只中のバーバリー ベイリーCEOはボーナス見送り

 バーバリー(BURBERRY)の2017年3月期年次報告書によると、クリストファー・ベイリー(Christopher Bailey)最高経営責任者(CEO)兼チーフ・クリエイティブ・オフィサー(COO)は、16年分ボーナスの受給を見送った。同社はコスト削減やリストラにより、18年3月期までに年間1億ポンド(約142億円)を削減し、苦境を乗り切る考えだ。

 ボーナスの見送りは「16年度の事業の財務実績を踏まえたもの」とし、取締役会も彼の決断を歓迎しているという。16年度のベイリーCEO兼COOの給与は110万ポンド(1億5600万円)で、前年と横ばいだった。とはいえ、ベイリーCEOは7月に、13年に授与された100万株の一部である約1050万ポンド(約14億9100万円)を受け取るようだ。さらに、14年分ボーナスの一環でCEO職を引き継いだことによる140万ポンド(約1億9800万円)の特別株式割当も手にした。

 バーバリーの17年3月期決算は売上高が前期比10.4%減の27億7000万ポンド(約3933億円)、純利益が同7.3%減の2億8680万ポンド(約407億円)と減収減益だった。

 なお、ベイリーCEOは7月にCEO職を退き、マルコ・ゴベッティ(Marco Gobbetti)=アジア太平洋地域・中東担当エグゼクティブ・チェアマンが新CEOに昇格する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら