ビジネス

ファーフェッチが中国巨大ECから436億円の資金調達、中国市場開拓へ

 ラグジュアリーファッションECのファーフェッチ(FARFETCH)が中国第2位のECサイトJD.comから3億9700万ドル(約436億円)の資金を調達する。両社は市場規模800億ドル(約8兆8000億円)といわれる中国ラグジュアリーEC市場の開拓に向けて業務提携する。これに合わせて、リチャード・リウJD.com創業者兼最高経営責任者(CEO)がファーフェッチ取締役に就任する。

 ファーフェッチは同じ6月にコンデナストが運営する「スタイルドットコム(Style.com)」買収を含む業務提携を発表したばかり。今回のJD.comとの業務提携によって、アメリカのみならず中国の市場を拡大していくものとみられる。中国はファーフェッチにとって第2の市場規模。今後はJD.comの筆頭株主でもある騰訊(テンセント)が持つチャットアプリ「ウィーチャット(WeChat)」を活用した販促をはじめ、中国のブランドを海外へ売っていくことも検討するという。JD.comの月間アクティブユーザーは2億5000万。「ウィーチャット」のユーザー8億人と合わせて10億人以上の中国ユーザーに向けて、「ファーフェッチ」の500ショップ・200ラグジュアリーブランドのアイテムを訴求しうる。

 ジョゼ・ネヴェス=ファーフェッチCEOは、「入ってくる資金はプラットフォームの成長に使う。上場は最終目標で今はただやるべきことを続ける」と新規公開株(IPO)による上場を示唆しながらも、今回の出資が上場に関与していないことを公言した。提携について聞くと、「JD.comはアメリカでいえば、アマゾン(Amazon)にフェイスブック(Facebook)とインスタグラム(Instagram)を合わせたほどの規模。ジェフ・ベゾス(アマゾンCEO)がチームに入ったような気分だ」と例える。

 JD.comの2016年度の商品取扱高は前年比47%増の948億ドル(約10兆4200億円)。中国市場に圧倒的に強く、1日で最大6億人に商品を届けるスキームを持つといわれる。リウCEOは提携について、「中国のEC市場ではいずれ、クオリティーの重要性が価格を上回るはず。ファーフェッチとの提携で中国でのさらなるECの発展を狙える」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら