ビジネス

ファーフェッチがテンセントとドラゴニアから270億円を調達

 ファーフェッチ(FARFETCH)は、中国のテンセント(TENCENT)とサンフランシスコのベンチャーキャピタル(VC)のドラゴニア・インベストメント・グループ(DRAGONEER INVESTMENT GROUP)との間で、それぞれ1億2500万ドル(約135億円)、合計2億5000万ドル(約270億円)の転換社債の発行で合意した。ドラゴニアはサンフランシスコを拠点とした最有力ベンチャーキャピタルの一つ。テンセントは決済やSNS機能を持つスーパーアプリ「ウィーチャット(Wechat)」などで知られているものの、同時にテック系の有力ベンチャーキャピタルとしての顔を持つ。両社はいずれもソフトバンクと同じラウンドでウーバーに出資している。この発表は投資家も好感し、ファーフェッチの1月30日の終値は前日比10.33%高の、12.5ドル(約1350円)と上昇した。

 ファーフェッチの19年12月31日時点の現金及び現金同等物は約3億2000万ドル(約345億円)。ファーフェッチは「今回調達した資金は中長期的な成長戦略に投下する。特に中国市場にフォーカスする」とコメントしている。

 テンセントはファーフェッチへの投資を通して、「ウィーチャット」を通じたファーフェッチの中国進出を後押しする考え。すでにファーフェッチは「ウィーチャット」を使って「モンクレール(MONCLER)」「バレンシアガ(BALENCIAGA)」、「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」など80以上の高級ブランドを紹介している。ジョゼ・ネヴェス(JOSE NEVES)創業者兼CEOは「技術力に秀でたテンセントと、数々のテックカンパニーの成長を後押ししてきたドラゴニアのサポートは中長期的に大きなプラスになる」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら