ビジネス

ファーフェッチがテンセントとドラゴニアから270億円を調達

 ファーフェッチ(FARFETCH)は、中国のテンセント(TENCENT)とサンフランシスコのベンチャーキャピタル(VC)のドラゴニア・インベストメント・グループ(DRAGONEER INVESTMENT GROUP)との間で、それぞれ1億2500万ドル(約135億円)、合計2億5000万ドル(約270億円)の転換社債の発行で合意した。ドラゴニアはサンフランシスコを拠点とした最有力ベンチャーキャピタルの一つ。テンセントは決済やSNS機能を持つスーパーアプリ「ウィーチャット(Wechat)」などで知られているものの、同時にテック系の有力ベンチャーキャピタルとしての顔を持つ。両社はいずれもソフトバンクと同じラウンドでウーバーに出資している。この発表は投資家も好感し、ファーフェッチの1月30日の終値は前日比10.33%高の、12.5ドル(約1350円)と上昇した。

 ファーフェッチの19年12月31日時点の現金及び現金同等物は約3億2000万ドル(約345億円)。ファーフェッチは「今回調達した資金は中長期的な成長戦略に投下する。特に中国市場にフォーカスする」とコメントしている。

 テンセントはファーフェッチへの投資を通して、「ウィーチャット」を通じたファーフェッチの中国進出を後押しする考え。すでにファーフェッチは「ウィーチャット」を使って「モンクレール(MONCLER)」「バレンシアガ(BALENCIAGA)」、「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」など80以上の高級ブランドを紹介している。ジョゼ・ネヴェス(JOSE NEVES)創業者兼CEOは「技術力に秀でたテンセントと、数々のテックカンパニーの成長を後押ししてきたドラゴニアのサポートは中長期的に大きなプラスになる」とコメントしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら