ビジネス

三越伊勢丹HDが業績予想を下方修正 増税や暖冬が打撃

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)は31日、2020年3月期の連結業績予想を下方修正した。消費増税による買い控え、訪日客の免税売上高の伸び悩み、暖冬による衣料品の苦戦などが重なり、当初計画は困難と判断した。修正後は売上高1兆1550億円(修正前は1兆1900億円)、営業利益200億円(同300億円)、経常利益230億円(同300億円)、純利益70億円(同140億円)となる。

 同日発表した4〜12月期連結業績は、売上高が前年同期比2.9%減の8752億円、営業利益が同17.1%減の210億円だった。免税売上高は同6.0%減だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら