ビジネス

三越伊勢丹が特別損失67億円 新潟三越の閉店などで人員整理

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)は23日、2019年4~12月期連結決算で特別損失67億円を計上すると発表した。グループ内の人員整理に伴う退職金の積み増しによるもの。中核子会社三越伊勢丹のほか、新潟三越伊勢丹が運営する新潟三越の閉店(20年3月)に伴い、退職金を積み増して人員削減を行った。

 三越伊勢丹HDは構造改革の一環として、三越伊勢丹で2017~19年の間、退職金の積み増しと対象年齢の拡大を実施した。

 子会社の新潟三越伊勢丹が運営する新潟三越は、1907年創業の地場の呉服店が前身。36年に百貨店に業態転換し、80年からは新潟三越百貨店として営業してきた。ピークの96年には売上高250億円まで拡大したが、17年度は129億円とほぼ半減。同店の閉店により、新潟県の百貨店は新潟伊勢丹の1店舗になる。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら