ファッション

三越伊勢丹HDが描くデジタルとリアルが融合する未来 カギを握るのは新統合アプリ

有料会員限定記事

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)は、リアル店舗とデジタルを融合する「シームレス化」戦略を加速させる。これまで店舗・機能などに応じバラバラに存在していたアプリを集約し、EC機能を備えた新統合アプリを2020年4月にローンチする。同社は伊勢丹新宿本店の商品群のデータベース化に力を入れてきたが、新アプリではそれらをカタログ化してスマホで閲覧可能にする。さらにメディア機能、客とのコミュニケーション機能までを備えることで、リアル店舗に客を呼び込むハブにする考えだ。(この記事はWWDジャパン2019年12月2日号からの抜粋です)

 11月7日に開かれた同社の19年4〜9月期決算説明会。杉江俊彦社長は、「われわれがリアルとデジタルを融合した先に、何が本当にやりたいのか、まだ皆さまにしっかり伝えきれていない。そもそも(シームレス化は)EC強化が目的ではない」と強調した。その上で、新統合アプリが実現する新しい購買体験を紹介する動画を放映した。

この続きを読むには…
残り1418⽂字, 画像2枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら