ビジネス

「ディーゼル」親会社が「ジル サンダー」を買収か

 「ディーゼル(DIESEL)」や「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」を擁するOTBのレンツォ・ロッソ(Renzo Rosso)会長が、「ジル サンダー(JIL SANDER)」の獲得を目論んでいると噂されている。

 OTBは交渉相手についての言及を避けているが、米「WWD」への声明の中で「市場に出回っているさまざまな機会や企業について検討をしているのは事実だ。現代的でサステナブルな方法で、われわれのビジネスの規模を大きくしたいと考えている。パンデミック下で行っていたようにまずはパイプラインを強化して、イタリア産にこだわりたい。グループ全体と事業主との戦略的見解とも一致している」と述べた。

 ミラノの情報筋によると、「ジル サンダー」を所有するオンワードホールディングス(ONWARD HOLDINGS)はグローバル金融サービスグループの野村をアドバイザーに任命し、OTBと交渉中だという。野村はコメントの要請に応じていない。

 「ディーゼル」「メゾン マルジェラ」「マルニ(MARNI)」「ヴィクター&ロルフ(VIKTOR & ROLF)」「アミリ(AMIRI)」などの親会社であるOTBの2019年の売上高は、前年比6.4%増の15億3000万ユーロ(約1930億円)で黒字だった。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら