ビューティ

D2Cブランドの躍進、 その立役者OEMの変化【ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望】

有料会員限定記事

 ファッションとビューティ、オフラインとオンラインを結びつける「WWDジャパン」がスタートするビューティ・インサイトは、「WWD JAPAN.com」のビューティニュースを起点に識者が業界の展望を語る。識者は、美容媒体の編集長やコンサルタント、エコノミスト、そしてサロンスタイリスト。ビューティ業界の半歩先は、ファッション業界の“道しるべ”にもなるだろう。今週は百貨店のオンライン接客とジェンダーレスコスメの話。(この記事はWWDジャパン2020年12月7日号からの抜粋です)

今週の識者
矢野貴久子/アイスタイル「BeautyTech.jp」編集長

 特定のファン層をもち、リピート買いされ、かつファンがファンを呼び寄せるような化粧品ブランドであるためには、ユーザーが共感できる「世界観」と「製品の独自性」という2つの要素がそろう必要がある。日本の大手ブランドでいえば、「スリー(THREE)」や「シロ(SHIRO)」などが代表格だろう。

 昨今、D2Cブランドとして急成長しているブランドも、その2つがそろっている。例えばヘア&メイクアップアーティストの松田未来によるネイルカラーブランド「リーカ(RIHKA)」は、彼女の人柄やセンスに共鳴するファンが多いだけでなく、その絶妙なカラーやネーミングなどの製品の素晴らしさで、特にPRをせずとも出すそばから完売してしまう。

この続きを読むには…
残り2316⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら