ビューティ

D2Cブランドの躍進、 その立役者OEMの変化【ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望】

有料会員限定記事

 ファッションとビューティ、オフラインとオンラインを結びつける「WWDジャパン」がスタートするビューティ・インサイトは、「WWD JAPAN.com」のビューティニュースを起点に識者が業界の展望を語る。識者は、美容媒体の編集長やコンサルタント、エコノミスト、そしてサロンスタイリスト。ビューティ業界の半歩先は、ファッション業界の“道しるべ”にもなるだろう。今週は百貨店のオンライン接客とジェンダーレスコスメの話。(この記事はWWDジャパン2020年12月7日号からの抜粋です)

今週の識者
矢野貴久子/アイスタイル「BeautyTech.jp」編集長

 特定のファン層をもち、リピート買いされ、かつファンがファンを呼び寄せるような化粧品ブランドであるためには、ユーザーが共感できる「世界観」と「製品の独自性」という2つの要素がそろう必要がある。日本の大手ブランドでいえば、「スリー(THREE)」や「シロ(SHIRO)」などが代表格だろう。

 昨今、D2Cブランドとして急成長しているブランドも、その2つがそろっている。例えばヘア&メイクアップアーティストの松田未来によるネイルカラーブランド「リーカ(RIHKA)」は、彼女の人柄やセンスに共鳴するファンが多いだけでなく、その絶妙なカラーやネーミングなどの製品の素晴らしさで、特にPRをせずとも出すそばから完売してしまう。

この続きを読むには…
残り2316⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら