ニュース

ロベルト・カヴァリ、買収が正式に成立 ドバイの大富豪が190億円で

 財政難に陥っていたロベルト・カヴァリ(ROBERTO CAVALLI)の買収が11月28日に正式に成立した。7月に報じられた通り、ドバイの投資会社ビジョン・インベストメント(VISION INVESTMENT)が、ロベルト・カヴァリの親会社である伊投資会社クレシドラ(CLESSIDRA)から全株式を取得した。また、ビジョン・インベストメントが買収に当たって提示した事業再建策もミラノの裁判所によって承認された。

 取引の詳細は明らかにされていないが、情報筋によれば買収額は1億6000万ユーロ(約190億円)程度で、6500万ユーロ(約77億円)の増資や全ての債権者への支払いなども含まれていると7月の時点で報じられている。

 ビジョン・インベストメントは、ドバイの不動産開発会社ダマック・プロパティーズ・グループ(DAMAC PROPERTIES GROUP以下、ダマック)のフセイン・サジワニ(Hussain Sajwani)創業者兼会長が保有。同社とロベルト・カヴァリの関係は深く、ダマック傘下の投資会社がドバイに建設しているホテルの内装などを「ロベルト カヴァリ」が手掛ける予定であるほか、「ロベルト カヴァリ」のコンテンポラリーラインである「ジャスト カヴァリ(JUST CAVALLI)」がドバイで展開しているラグジュアリーヴィラ事業の建設をダマックが請け負っている。

 サジワニ創業者兼会長は、「今後も『ロベルト カヴァリ』の素晴らしいレガシーを発展させられることをうれしく思う。当グループはロベルト・カヴァリと長きにわたって実りある関係を築き上げており、ラグジュアリーに対する考え方も似ている。引き継ぎ期間中も、同社が安定して経営されることを約束する」と語った。なお、今回の取引をまとめるにあたってはジャン・ジャコモ・フェラリス(Gian Giacomo Ferraris)=ロベルト・カヴァリ最高経営責任者の存在が大きかったといわれており、買収後も現職にとどまると見られている。

 ロベルト・カヴァリは米国内に7つの直営店と4つのアウトレットなどがあるが、それらを運営している米子会社のアートファッション(ART FASHION)も会社清算の手続きのため、4月に米連邦破産法7条を申請している。ポール・サリッジ(Paul Surridge)「ロベルト カヴァリ」クリエイティブ・ディレクターは3月に退任しており、後任は決まっていない。なお、ロベルトカヴァリジャパンは解散している。