ニュース

マルニのCEOが1年で退任 後任は社内昇格でジェネラル・マネジャー職に

 マルニ(MARNI)は、ステファノ・ビオンド(Stefano Biondo)最高経営責任者(CEO)が退任し、同社の親会社であるOTBからも離れることを11月27日に発表した。後任としてバーバラ・カロ(Barbara Calo)=グローバル・オムニチャネル・ディレクターが昇格し、ジェネラル・マネジャー職となる。

 ビオンド前CEOは2018年5月に同職に就任しており、1年での退任となるが、理由は発表されていない。これ以前はイタリアの大手アイウエアメーカー、サフィロ(SAFILO)でチーフ・ブランド・オフィサーを務めていた。カロ=新ジェネラル・マネジャーは16年に入社。今後はマルニを率いる立場として、OTBのウバルド・ミネッリ(Ubaldo Minelli)CEOの下につくことになる。

 マルニは創業デザイナーのコンスエロ・カスティリオーニ(Consuelo Castiglioni)が16年に同社を離れたものの、その後を受け継いだフランチェスコ・リッソ(Francesco Risso)=クリエイティブ・ディレクターの下で発展した。売上高はおよそ1億7000万ユーロ(約202億円)で、その60%は76の直営店とオンラインショップによるものだ。事業別ではハンドバッグとフットウエアが伸びており、売り上げ全体の55%を占めている。日本では4月に東京・表参道ヒルズに世界最大の旗艦店をオープンし、それに合わせてリッソ=クリエイティブ・ディレクターが来日した。

 OTBは15年にマルニを傘下に収めた。ほかには「ディーゼル(DIESEL)」「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」「ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)」や、生産・販売を手掛けるスタッフインターナショナル(STAFF INTERNATIONAL)などを擁している。