ファッション

スタッフ インターナショナル ジャパンがLA発「アミリ」と日本独占販売契約を締結

 スタッフ インターナショナル ジャパンは11月20日、ロサンゼルス発のブランド「アミリ(AMIRI)」と日本市場における独占販売契約を結んだ。30日に2021年プレ・フォールのメンズとウィメンズのウエア、シューズ、バッグ、アクセサリーコレクションのセールス、プレス事業を開始する。日本での出店計画も視野に入れており、21年中に東京に旗艦店をオープンする予定だ。

 「アミリ」は14年にクリエイティブ・ディレクターのマイク・アミリ(Mike Amiri)が設立。LAのスケートボードやストリートカルチャーのテイストに、クラフツマンシップを融合したラグジュアリー・ストリートブランドとして知られる。LAで装飾を施したハンドメードのジーンズをはじめ、レザージャケット、フランネルシャツ、グラフィックTシャツなどの代表的なアイテムがあり、現在はイタリアでレザーグッズとテーラードスーツを生産している。パリ・メンズ・ファッション・ウイークでは年2回コレクションを発表。19年にOTBが「アミリ」への資本提携を開始した。
 
 スタッフ インターナショナル ジャパンは「ディーゼル(DIESEL)」「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」「マルニ(MARNI)」などを擁するOTB傘下で、現在日本では「ディースクエアード(DSQUARED2)」「ジャスト カヴァリ(JUST CAVALLI)」「コシェ(KOCHE)」を展開する。今回の契約は日本に限定したもので、本国イタリアのスタッフ インターナショナルと「アミリ」は契約を結んでおらず、グローバルではLAの「アミリ」が運営を行なっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら