ファッション

スタッフ インターナショナル ジャパンがLA発「アミリ」と日本独占販売契約を締結

 スタッフ インターナショナル ジャパンは11月20日、ロサンゼルス発のブランド「アミリ(AMIRI)」と日本市場における独占販売契約を結んだ。30日に2021年プレ・フォールのメンズとウィメンズのウエア、シューズ、バッグ、アクセサリーコレクションのセールス、プレス事業を開始する。日本での出店計画も視野に入れており、21年中に東京に旗艦店をオープンする予定だ。

 「アミリ」は14年にクリエイティブ・ディレクターのマイク・アミリ(Mike Amiri)が設立。LAのスケートボードやストリートカルチャーのテイストに、クラフツマンシップを融合したラグジュアリー・ストリートブランドとして知られる。LAで装飾を施したハンドメードのジーンズをはじめ、レザージャケット、フランネルシャツ、グラフィックTシャツなどの代表的なアイテムがあり、現在はイタリアでレザーグッズとテーラードスーツを生産している。パリ・メンズ・ファッション・ウイークでは年2回コレクションを発表。19年にOTBが「アミリ」への資本提携を開始した。
 
 スタッフ インターナショナル ジャパンは「ディーゼル(DIESEL)」「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」「マルニ(MARNI)」などを擁するOTB傘下で、現在日本では「ディースクエアード(DSQUARED2)」「ジャスト カヴァリ(JUST CAVALLI)」「コシェ(KOCHE)」を展開する。今回の契約は日本に限定したもので、本国イタリアのスタッフ インターナショナルと「アミリ」は契約を結んでおらず、グローバルではLAの「アミリ」が運営を行なっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら