ビジネス

LA発ブランド「アミリ」が「ザラ」に3億円の損害賠償請求 人気ジーンズのコピー問題

 ロサンゼルス発のブランド「アミリ(AMIRI)」を擁するアトリエ ラグジュアリー グループ(ATELIER LUXURY GROUP)は、「ザラ(ZARA)」が「アミリ」の代表的なジーンズ“MX2”の形を模倣し販売したことが連邦商標法上のトレードドレスを侵害しているなどとして、販売差し止めのほか、懲罰的損害賠償などを含む約300万ドル(約3億2400万円)の損害賠償を求めて提訴した。

 問題となったジーンズはどちらもスキニータイプで、膝上にプリーツを施したレザーの切り替えを採用している。また、膝のあたりにファスナーがあしらわれている点や、色落ちした風合い、色展開という点も共通している。価格は「ザラ」の50ドル(約5400円)に対して「アミリ」が1150ドル(約12万4200円)以上で販売している。

 アトリエ ラグジュアリー グループの代理人弁護士は、「『ザラ』の行いは見過ごせるものではない。アトリエ ラグジュアリー グループは商品の開発に多大な時間とリソース、技術を費やした。われわれは『ザラ』に責任を取らせる。法廷で決着をつける日を心待ちにしている」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら