ファッション

「ユニクロ」×「ジェイ ダブリュー アンダーソン」 “ヒートテック”素材で手袋やニットキャップ発売

 「ユニクロ(UNIQLO)」は12月4日から、「ジェイ ダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)」とのコラボレーションラインで初となるホリデーコレクションを販売する。“ヒートテック”素材を編み込んだ雑貨をウィメンズ、メンズ、キッズで豊富にそろえ、冬のギフトニーズに対応。アーガイル柄のギフトボックスも企画した。一部を除く全国の店舗と自社ECで扱う。

 商品ラインアップは、ギフトボックスにも描かれたアーガイル柄のソックス(590円)や同柄のニットグローブ(1500円)、同柄のニットキャップ(1500円)など。よりシンプルなカラーブロックの商品もそろい、それらも柄を合わせたセットコーディネートができるようになっている。どれも“ヒートテック”素材を編み込んでいるのが特徴で、冬を暖かく快適に過ごせるようにした。ギフトボックスは3サイズで各290円。Lサイズは一部店舗とECでのみ販売する。

 「ユニクロ」と「ジェイ ダブリュー アンダーソン」とのコラボは2017年秋にスタート。20年秋冬は全42型を10月16日に発売していた。「ユニクロ」は今季、クリストフ・ルメール(Christoph Lemaire)率いるパリR&Dセンターによる「ユニクロ ユー(UNIQLO U)」でもロングスリーブTシャツ感覚で着られる“ヒートテック”を企画するなど、従来のような機能性インナー以外の用途での“ヒートテック”の提案を強化している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら