ファッション

「ユニクロ」×「ジェイ ダブリュー アンダーソン」 “ヒートテック”素材で手袋やニットキャップ発売

 「ユニクロ(UNIQLO)」は12月4日から、「ジェイ ダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)」とのコラボレーションラインで初となるホリデーコレクションを販売する。“ヒートテック”素材を編み込んだ雑貨をウィメンズ、メンズ、キッズで豊富にそろえ、冬のギフトニーズに対応。アーガイル柄のギフトボックスも企画した。一部を除く全国の店舗と自社ECで扱う。

 商品ラインアップは、ギフトボックスにも描かれたアーガイル柄のソックス(590円)や同柄のニットグローブ(1500円)、同柄のニットキャップ(1500円)など。よりシンプルなカラーブロックの商品もそろい、それらも柄を合わせたセットコーディネートができるようになっている。どれも“ヒートテック”素材を編み込んでいるのが特徴で、冬を暖かく快適に過ごせるようにした。ギフトボックスは3サイズで各290円。Lサイズは一部店舗とECでのみ販売する。

 「ユニクロ」と「ジェイ ダブリュー アンダーソン」とのコラボは2017年秋にスタート。20年秋冬は全42型を10月16日に発売していた。「ユニクロ」は今季、クリストフ・ルメール(Christoph Lemaire)率いるパリR&Dセンターによる「ユニクロ ユー(UNIQLO U)」でもロングスリーブTシャツ感覚で着られる“ヒートテック”を企画するなど、従来のような機能性インナー以外の用途での“ヒートテック”の提案を強化している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら