ファッション

「ユニクロ ユー」が“ヒートテック”を初めて販売 Tシャツとしても着られるデザイン

 「ユニクロ(UNIQLO)」は10月26日から、クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)率いるパリR&D(リサーチ&ディベロップメント)センターがデザインする「ユニクロ U(UNIQLO U)」で、初めて“ヒートテック”を販売する。色数豊富に展開し、機能性インナーとしてだけでなく通常のロングスリーブTシャツとしても着られるようにした点がポイントだ。

 表面をコットン100%にすることでをTシャツの風合いを保ちつつ、裏糸に“ヒートテック”の機能糸を使うことで防寒性も実現した。ゆとりをもたせたシルエットも通常の“ヒートテック”とは異なる。ウィメンズ、メンズ各1型でそれぞれ6色を展開、マスタードやブラウンといった「ユニクロ ユー」らしい色がそろう。価格は1500円で、全国の「ユニクロ」店舗と自社ECで販売する。

 「ユニクロ」では今夏、表面がコットン100%で、裏糸に“エアリズム”の機能糸を使ったTシャツが室内着としても、外出着としてもヒットしていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら