ファッション

「UT」の「鬼滅の刃」コラボ第2弾は8月28日発売 残暑の時期に注目コラボを続々投入

 ユニクロのグラフィックTシャツブランド「UT」は2020年秋冬も、人気アニメや写真家、アーティストなどとの多彩なコラボレーション商品を販売する。8月28日に「鬼滅の刃」とのコラボ商品を発売するのを皮切りに、まだまだ残暑が続く秋の立ち上がりである9月は、続々と注目コラボを投入する。

 「鬼滅の刃」コラボは、8月7日に発売した第1弾に続く第2弾。前回は漫画イラストを用いたコラボだったが、今回はアニメ版とのコラボ。キッズサイズのTシャツや雑貨もそろえる点がポイントだ。雑貨はタオル3柄(各1500円)、ポケッタブルバッグ4柄(各990円)。TシャツはXS~4XLサイズが990円、キッズ用790円。店頭、EC問わず2点以上購入した客にはバンダナをプレゼントする。

 続いて8月31日に発売するのが、米ニューヨークの写真家、ライアン・マッギンレー(Ryan McGinley)とのコラボ商品。マッギンレーの作品やレタリングをプリントしたTシャツ6柄を販売する。メンズサイズのみで各1500円。その後も、9月7日に「スパイダーマン(SPIDER-MAN)」「アイアンマン(IRON MAN)」などを擁するアメリカンコミック「マーベル(MARVEL)」とのコラボを発売する。

 「UT」で定着しているアーティストのジャン・ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)やキース・へリング(Keith Haring)とのコラボでは、バスキアはワーナー・ブラザースのアメコミ「DCコミックス」などのキャラクターとの掛け合わせ、キース・へリングは「ミッキーマウス(Mickey Mouse)」との掛け合わせという、「UT」を含めるとトリプルコラボの形で表現。それぞれのアーティストのタッチによる、有名キャラクターの味のあるグラフィックがチャーミング。それぞれ9月18日、9月28日に販売する。Tシャツ1500円、スエット1990円、パーカ2990円。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら