ファッション

ユニクロがデザイナー、ジル・サンダーとの協業ライン「+J」を今秋復活

 「ユニクロ(UNIQLO)」は2020年秋、デザイナー、ジル・サンダー(Jil Sander)との協業ラインである「+J」を復活させる。同ラインは09年秋冬にスタートし、11年秋冬までの5シーズンにわたって販売。クリーンでミニマムなシャツなど、ジル・サンダー氏らしいデザインで人気を集めていた。

 20年秋冬物は、「繊細な慎ましさから生まれた」コレクション。「ウィメンズ、メンズそれぞれ、あらゆる機会にふさわしい、優れたアイテムにより構成」「多様な上質素材を用いて丁寧に仕立てられたスタイルの数々は、すべての人々に対する洗練されたラグジュアリーの提案」という。復活を告知するリリースには、「伝説のコラボレーションが再び」という言葉も。

 8月28日から店頭で無料配布する「LifeWearマガジン」2020年秋冬号には、ジル・サンダー氏のインタビューも掲載。デジタル版は既に特設サイト上で閲覧可能で、「小林一茶の俳句集を大切にしている」「(初めてコラボをした09年とは)あらゆることが変化したように感じる。新しい生地には、新しいソリューション、カット、パターンが必要」といったコメントが並ぶ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら