ファッション

ブルガリホテルズのオリジナルカクテルイベントが東京イル・バールで開催

 ブルガリホテルズ&リゾーツは10月末まで、「ブルガリホテル」とレストランがある6つの都市(北京、上海、東京、ドバイ、バリ、ミラノ)を巡る、新鮮なフルーツや野菜などを使って作るカクテルのミクソロジーイベント「シンポジア(SIMPOSIA)」を開催した。最終地である東京でのイベントが10月25、26日に「ブルガリレストラン東京」で行われた。

 同イベントは各都市2夜限定で開催され、“ワールド50ベストバー”に選出されたトップバーテンダーが各都市のゲストバーテンダーとして来日。各都市からインスピレーションを得たカクテルとノンアルコールカクテル全6種を提供している。最終地である東京では、キプロス共和国のミクソロジスト、ディノス・コンスタンティニドゥス(Dinos Constantinides)が登場し、オリジナルカクテルが振る舞われた。オリジナルカクテルは11月末まで「ブルガリ イル・バール」でも楽しめる。

 コンスタンティニドゥスは2007年にバーサービス会社を設立。13年にキプロスにバー「ロスト アンド ファウンド ドリンカリー(Lost + Found Drinkery)」をオープンし、キプロスで唯一の“ワールド50ベストバー”に選ばれた。現在までにゴールデンリストを4年連続獲得している。また、「バーガンディ レガシーコンペティション」において12年の中東大会、13年のキプロス大会で2度の優勝を果たし、14年にモスクワで行われた大会ではトップ8グローバルファイナリストに選出された。

BVLGARI x フードの記事

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。