ファッション

2020年春夏トレンド分析Vol.3 ひねりを利かせたクラシック

 “クラシックなスポーツウエアの再考”は、2020年春夏シーズンの重要なキーワードだ。キーアイテムは数え切れないほどのランウエイに登場したデニム。そのスタイルは、スタンダードなラインから「バルマン(BALMAIN)」のカラフルなスーツ、「ヴェルサーチェ(VERSACE)」のパワーショルダー、「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」の斜めにストライプが走ったジーンズまでさまざまだ。

 また、白のタンクトップも注目を集めた。「パイヤー モス(PYER MOSS)」のカービー・ジャン・レイモンド(Kerby Jean-Raymond)は再利用のポリエステルを使い、タンクトップをジャンプスーツとして再生。一方、オートクチュール・デザイナーのクリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)をゲストに迎えた「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」はタンクトップをコレクションのベースとし、スエットシャツやパーカを製作した。「マイケル コース(MICHAEL KORS)」では、赤、白、青の3色のプルオーバーや“HATE”の文字に取り消し線を引いたセーターなどが見られた。

 そして、20年春夏コレクションの中でひねりの利いたクラシックをうまく表現していたブランドといえば、今年の第6回「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ(LVMH YOUNG FASHION DESIGNER PRIZE)」のファイナリストに選ばれた「アンリアレイジ(ANREALAGE)」の森永邦彦デザイナーだろう。胸元の大きく開いたブレザーやシャツなど、ちょっとした発想の転換によってユニークなコレクションを作り上げていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。