フォーカス

2020年春夏トレンド分析Vol.2 ピエロルックが台頭の兆し

 トレンドのメインストリームである“ボリューム感”からの自然な流れなのか。もしくは、デザイナーたちは、映画「ジョーカー」の世界的大ヒットを予想していたのか。

 2020年春夏コレクションでは、ダークなコメディー的要素がデザイナーたちのクリエイションを再び刺激したようだ。「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」のシックなピエロから、「ニナ リッチ(NINA RICCI)」のアイコニックな特大ハット&襟元、「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」の幾重にも重ねた繊細で軽やかなチュールストール、「アティコ(ATTICO)」のカラフルなスパンコールドレスまで。ピエロ風ルックは20年春夏コレクションの至るところに見られた。

 このスタイルが気になる人は、“Harlequin Hadid”と入力して検索してみるといい。ジェレミー・スコット(Jeremy Scott)が画家パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)の名画にインスピレーションを受けたという「モスキーノ(MOSCHINO)」のピエロルックをまとい、完璧なまでの美しさを披露しているベラ・ハディッド(Bella Hadid)の姿を見ることができるだろう。

 春は気分も上向く季節。スタイルにも遊び心を取り入れて街に繰り出したい。