ファッション

2020年春夏トレンド分析Vol.1 進化した袖コンシャスに注目

 2020年春夏トレンドの中でまず押さえるべきは、“パフな”アイテムだろう。ボリューム感のあるデザインがここしばらくトレンドを席巻してきたが、ようやく少し変化し始めた模様。特に、さまざまな袖コンシャスのシルエットに注目だ。

 「シャネル(CHANEL)」や「キャロリーナ ヘレラ(CAROLINA HERRERA)」のレディライクなシースルードレスから、「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」や「シモーネ ロシャ(SIMONE ROCHA)」のシャツ、「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」や「リチャード クイン(RICHARD QUINN)」の過剰なほどの特大スリーブ、「クロエ(CHLOE)」や「アダム リップス(ADAM LIPPES)」のカジュアルなトップスまで、20年春夏コレクションでは、ロマンチックなドレスだけでなくシャツやスポーティーなセーターにも、袖に量感を持たせたスタイルが見られた。そのデザインは、さりげないものから大胆なものまで実にさまざまだ。

 ちなみに、「コム デ ギャルソン」が舞台衣装を手がけることで話題となった、12月上演のウィーン国立歌劇場150周年記念公演オペラ「オーランド(Orlando)」。イギリスの小説家・評論家であるヴァージニア・ウルフ(Virginia Woolf)の小説が原作だが、デザイナーの川久保玲は、6月に発表されたメンズ・コレクション、9月のウイメンズ・コレクション共にテーマを「オルランド」としており、12月の舞台作品で3部作完結となる見通しだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら