ファッション

2020年春夏パリコレ8日目のハイライト オペラ座を交尾の映像で染めた「ステラ マッカートニー」、クリントンが駆け付けた「サカイ」、物語を秘めた「アレキサンダー マックイーン」

 パリコレもいよいよ残すところあと1日。8日目は、「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」「サカイ(SACAI)」「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」がショーを行った。

「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」

DESIGNER/ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)

 「ステラ マッカートニー」はオペラ座の壁や天井に動物たちが交尾をする映像を映し出した。座席には「これまでで一番サステイナブルなコレクション」とデザイナーからのメッセージ。動物と地球の命を大切につないでいこうとするステラのぶれない姿勢をユーモアを交えて伝えた。オーガニックコットンや再生ナイロンなどを用いた服は、サークルモチーフやスカラップヘムを多用し、甘くて優しい雰囲気。多く登場したデニムは100%オーガニックはアップサイクルだという。

サカイ(SACAI)

DESIGNER/阿部千登勢

 ショーは鮮やかな世界地図プリントのウエアと、地球儀をモチーフにしたバッグのルックでスタート。クリエイションの原点となったのは「1つの地球」というアイデア。さまざまな要素を再構築し、見事に調和させるハイブリッドはブランドの大きな特徴だが、これはさまざまな大陸、人種、要素がありながら、全ては1つの星の上にある地球と通じる。一見シフォンのボウタイブラウス、カーキパンツ、トレンチをスタイリングしたように見えるルックは、実は全てつながっているオールインワンだ。ツイードやニットにあしらわれた立体的なフリンジは、大陸をイメージしている。会場にも姿を見せたジョージ・クリントン(George Clinton)率いるファンクバンド、ファンデリックの楽曲「One Nation Under a Groove」のジャケ写をプリントしたTシャツが、そのメッセージをより明確に伝えた。

アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)

DESIGNER/サラ・バートン(Sarah Burton)

 「一着一着にストーリーがある」と前書きされたリリースには42ルックの素材説明に加えて、いくつかは生産背景か記されている。オートクチュールのようにひとつひとつの服に力が注がれたコレクションだ。アイルランドに唯一残るリネンを使ったダマスク織の職人の仕事やセント・マーチン美術大学の学生との協業などが彩る。パフスリーブのドレスやタキシードジャケットなど得意とするアイテムがそろい奇抜さはないが心に響く仕上がりだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら