ニュース

「ブルガリ イル・チョコラート」がジャンルカ・フストと日本初コラボ

 「ブルガリ イル・チョコラート(BVLGARI IL CIOCCOLATO)」は、7月5日〜9月30日の期間限定でイタリア人ペイストリーシェフ、ジャンルカ・フスト(Gianluca Fusto)とのコラボレーションスイーツ6種を販売する。

 伝統を尊重しつつスタイリッシュでモダニティーを感じさせるスイーツを生み出す、イタリアを代表するスターシェフ、フストが素材として選んだのは山梨県産の白桃や宮崎県産のマンゴー、柚子、抹茶など日本ならではの食材。今回のコラボレーションスイーツのために来日したフストは「繊細で、食材が持つアロマや食感を大切にする日本の食文化に共感する。それは素材やディテールにこだわり、味においてもエレガンスを追求する『ブルガリ』のフィロソフィーと共通している。“シンプルとは簡単ではない”“レス・イズ・モア(少ないことは豊かなこと)”の2つが自分のモットーだが、例えばクリームにあえて砂糖を使わずにアーモンドの風味を引き出すなど、引き算をすることで本質が熟成されるように工夫している」と語った。

 コンテンポラリーアートのように美しいケーキは、フレッシュなオレンジとマンゴーのフレーバーが印象的な“タンジェーリ(Tangeri)”、アーモンドのムースとみずみずしい白桃のコンポートがマッチする“アマンディーノ(Amandino)”、小麦粉とバターなどの乳製品の代わりにアーモンドとオリーブオイルを使用し、柚子をアクセントに加えた“カプレーゼ(Caprese)”の3種類。“アマンディーノ”“タンジェーリ”は東京・ブルガリ銀座タワー10階と松屋銀座本店地下1階の2店舗で、“カプレーゼ(Caprese)”は阪急うめだ本店5階、大阪高島屋地下1階とオンラインショップで販売する。

 コラボレーションチョコレートは、サフラン・リゾットからインスパイアされた“サフラン&アーモンド”、フスト自身の幼少時代の思い出の味である“キャラメルオレンジ”、乾燥させたローズマリーをキャラメリゼしたパウダーと抹茶の風味が融合する“抹茶&ローズマリー”の3種類を限定で販売する。3種類全てを堪能できるスペシャルボックスや“抹茶&ローズマリー”1個入りの限定ボックスは上記4店舗とオンラインショップで販売する。