ファッション

「ブルガリ イル・チョコラート」がクリスマス限定商品を発売

 「ブルガリ イル・チョコラート」は11月19日からクリスマス定番商品「ナターレ・ボックス」を個数限定で販売する。

 「ナターレ・ボックス2016」は、パネットーネとフランチャコルタのフレーバーが2個ずつ入った4個入り(税込4800円)と「ブルガリ・ブルガリ はちみつ&レモン」「ブルガリ・ブルガリ バルサミコ&フィグ」「アーモンド&ブランデー」各2個ずつをプラスした10個入りのスペシャルボックス(税込1万2000円)の2種類。

 パネットーネはイタリアのクリスマスシーズンに欠かせない、ミラノ発祥のドーム型のドライフルーツ入りの菓子パン。今回はパネットーネのテイストをブレンドしたホワイトチョコレートガナッシュとピエモンテ産ヘーゼルナッツのガナッシュをビターチョコレートでコーティングした。

 フランチャコルタはイタリア北部フランチャコルタ地方においてシャンパーニュ方式で造られるスパークリングワイン。老舗チョコレートメーカー・ドモーリ社のビターチョコレートガナッシュをビターチョコレートでコーティング、大人の味に仕上げた。

 赤いボックスには、クリスマスの星をイメージして特注したフィレンツェ産マーブル紙を用いた。手作業で染められているため、2つと同じものがないのもポイントだ。イタリア語で「Buon Natale(メリークリスマス)」のメッセージが添えられている。

 ブルガリ銀座タワー10F、松屋銀座B1F、阪急うめだ本店5F、大阪髙島屋B1Fの4店舗とオンラインショップで販売する。

 「ブルガリ イル・チョコラート」は、2007年にブルガリ銀座タワーに誕生。世界でたった一つのブルガリのチョコレート工房で造られるハンドメイドのチョコレートは「チョコレート・ジェムズ(チョコレートの宝石)」と呼ばれている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら