ファッション

「ブルガリ イル・チョコラート」がクリスマス限定商品を発売

 「ブルガリ イル・チョコラート」は11月19日からクリスマス定番商品「ナターレ・ボックス」を個数限定で販売する。

 「ナターレ・ボックス2016」は、パネットーネとフランチャコルタのフレーバーが2個ずつ入った4個入り(税込4800円)と「ブルガリ・ブルガリ はちみつ&レモン」「ブルガリ・ブルガリ バルサミコ&フィグ」「アーモンド&ブランデー」各2個ずつをプラスした10個入りのスペシャルボックス(税込1万2000円)の2種類。

 パネットーネはイタリアのクリスマスシーズンに欠かせない、ミラノ発祥のドーム型のドライフルーツ入りの菓子パン。今回はパネットーネのテイストをブレンドしたホワイトチョコレートガナッシュとピエモンテ産ヘーゼルナッツのガナッシュをビターチョコレートでコーティングした。

 フランチャコルタはイタリア北部フランチャコルタ地方においてシャンパーニュ方式で造られるスパークリングワイン。老舗チョコレートメーカー・ドモーリ社のビターチョコレートガナッシュをビターチョコレートでコーティング、大人の味に仕上げた。

 赤いボックスには、クリスマスの星をイメージして特注したフィレンツェ産マーブル紙を用いた。手作業で染められているため、2つと同じものがないのもポイントだ。イタリア語で「Buon Natale(メリークリスマス)」のメッセージが添えられている。

 ブルガリ銀座タワー10F、松屋銀座B1F、阪急うめだ本店5F、大阪髙島屋B1Fの4店舗とオンラインショップで販売する。

 「ブルガリ イル・チョコラート」は、2007年にブルガリ銀座タワーに誕生。世界でたった一つのブルガリのチョコレート工房で造られるハンドメイドのチョコレートは「チョコレート・ジェムズ(チョコレートの宝石)」と呼ばれている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら