ファッション

片山正通×鴨志田康人が語る UA六本木店完成秘話

 ユナイテッドアローズは9月22日、六本木ヒルズ店を旗艦店としてリニューアルオープンした。400坪(1400平方メートル)を超える過去最大級の店舗内装を手掛けたのは、片山正通ワンダーウォール代表。これまで国内外で数々の店舗を作ってきた片山代表をして「20店舗分のアイデアを投じたほど」と言わしめる店舗について、鴨志田康人ユナイテッドアローズ クリエイティブ・ディレクターと片山代表が語る。

WWDジャパン(以下、WWD):今回片山代表にはどのようなお題が出されたか?

片山正通ワンダーウォール代表(以下、片山):「ユナイテッドアローズ(以下、UA)の旗艦店に相当するものを」というリクエストをもらいました。これは、「UA」の過去最大店舗というような規模もクオリティーも含めて全ての要素が含まれるものです。これまでの歴史を包括した上で作るため、偏ったテーマではできない、なかなかの難題でしたね。

鴨志田康人UA クリエイティブ・ディレクター(以下、鴨志田):25年積み上げてきた「UA」の認知と実績がある上でのプロジェクトは、0から始めるものとはまた違うものがある。われわれのように経験値があると、スキルや良い面がある反面、逆に「店作りはこうでないとスタッフがやりづらい」とか「売り上げを取るにはこれくらいの商品量が必要」といったしがらみも堆積してしまっている。それも片山さんを悩ませたポイントかと思うが、今回はそういったものを一度クリアにして、あるべき店を創ることに挑戦しました。それで、今回の店舗のテーマは「バザール・パラノイア~妄想のバザール~」とすることにしました。

片山:鴨志田さんからモロッコのバザールの写真などを見せてもらいながら、「こういうのがいいよね」など、‟気分を共有する“ところからスタートしました。特にネットが発達してポチっとボタンを押せば“すぐ買えて、すぐ届く時代”に、お客さまがこの店に来る理由とは?ということを話し込みながら、小売りの原点的なところまで追求しました。

鴨志田:服屋の原点は店に足を運ぶことだし、買い物の原点は「商店」にあると思っています。イスタンブールのバザールやロンドンのアーケードのような昔ながらの商店を見ると気分があがるし、中目黒や地方の商店街が盛り上がっているのを見ると、小さいけれども濃い商店に注目が集まっているように感じる。「UA」そこにもう一度振り戻したいという思いがありました。

WWD:2階のウィメンズフロアは、入り口から奥に向けて重厚感が増していく作りだ。どうレイアウトした?

片山:これまではメンズがあったのですが、増床して2層になるに当たり、2階のグラウンドフロアはウィメンズにしました。階段室を中心にぐるりとウィメンズの世界が展開する印象のフロアにしました。上にはメンズとユニセックスのフロアが控えているので、ウィメンズの世界観を眺めつつ、上層階へ誘導する導入口になっています。入ってすぐのエリアをカジュアル・モード、左中央にUAらしいマニッシュなゾーン、左奥をフォーマル、中央奥にシューズコーナーを設けました。中央はイベント、ポップアップなどシーズンによって変えられるようにしましたし、レジは一番最後に寄るところだからと階段の向こう側に潜らせました。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら