ファッション

「フェラガモ」にメンズウエアの新ディレクター就任  「ルイ・ヴィトン」や「ランバン」で経験を積んだ実力派

 「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」は、ギョーム・メイアン(Guillaume Meilland)をメンズウエアの新デザイン・ディレクターに起用した。2017年1月の17-18年秋冬ミラノ・メンズ・コレクションでデビューする。メイアンは、2002年に「ルイ・ヴィトン」でキャリアをスタート。07年からは「イヴ・サンローラン」のメンズのスポーツウエアを手掛け、08年10月に「ランバン」のメンズ・シニアデザイナーに就任した。彼の就任により、同ブランドのクリエイティブ部門は、9月にウィメンズシューズのデザイン・ディレクターに就任したポール・アンドリュー、17年春夏からウィメンズ・コレクションを手掛けているウィメンズウエアのデザイン・ディレクターのフルヴィオ・リゴーニと合わせ、3人のディレクターが監修することになる。

 「『サルヴァトーレ フェラガモ』のようなプレステージ性が高く、歴史あるブランドのために仕事ができることに興奮している。これは重大なチャレンジであり、未来を見据えた現代のメンズ・コレクションを生み出すために、ブランドの歴史と伝統を引き出そうと考えてる」とメイアンはコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら