ファッション

「ブルガリ」が「フラグメント」とコラボ 藤原ヒロシ初の女性コレクション

 「ブルガリ(BVLGARI)」は藤原ヒロシの「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN)」とコラボする。「ブルガリ」のアイコン「セルペンティ」コレクションとアイコニックな「ブルガリ・ブルガリ(BB)」コレクションからカプセルコレクションを発売する。藤原ヒロシがウィメンズコレクションを手掛けるのは初めて。6月5日から阪急うめだ本店と阪急メンズ東京のポップアップストアで販売し、「ブルガリ」のオンラインストア限定品は6月12日に発売する。

 イタリア語で蛇を意味する「セルペンティ」コレクションは、蛇をモチーフにしたクロージャーに「フラグメント デザイン」のサンダーマークをあしらった。バッグは、“BVLGARI”や“FRGMT”のタイポグラフィーをプリントしたリ、蛇のうろこにインスパイアされた六角形のスタッズを施したりと、パンクテイストに仕上げた5型(10万5000~32万円)。ほかにもスカーフ(5万3000円)、シェリー(1万8000円)、バンダナ(2万3000円)、ブレスレット(3万9500円)をそろえる。

 「ブルガリ」のエンブレムにサンダーマークを配置した「BBフラグメント」コレクションは、ロゴのモチーフを全面にプリントしたアイコニックで実用的なコレクション。トートバッグ2型(16万5000~18万円)やポシェット(12万円)、ウオレット3型(5万9000円~7万3000円)、キーケース(3万4000円)、ビジネスカードホルダー(3万4000円)に加え、キーホルダーストラップ(2万3000円)、チェーン(8万1000円)、キーリング(2万7500円)をラインアップする。さらに、キーリング(3万2000円)とスカーフ(2万9000円)を「ブルガリ」のオンラインストア限定で取り扱う。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら