ファッション

皆川明がディレクションした豊島の一棟貸し宿が14日開業、1泊8万6400円から

 瀬戸内海にあるアートの島・豊島(てしま)で宿泊施設「白い寮」や「海のレストラン」を運営するC・H・Cサークルハウスコーポレーションが14日、古民家を活用した新たな宿泊施設「ウミトタ」を開業する。

 「ミナ ペルホネン(MINA PERHONEN)」の皆川明デザイナーがディレクションを手がけ、設計を緒方慎一郎SIMPLICITY代表が担当する。客室1室の一棟貸しで、定員は1〜6人。料金は税込8万6400円〜(2名利用時の合計、1泊夕朝食付き)。施設名は“海と田の間”を意味する。

 館内には「ミナ ペルホネン」のファブリックやプロダクトに加えて、皆川デザイナーが選んだアイテムをそろえ、特別な滞在を演出する。また、豊島の素朴な自然を感じながら滞在できる宿泊施設を目指し、施設の南北にある棚田と瀬戸内海を結ぶテラスをはじめ、海を眺めるロフトと浴室、暖炉を備えたライブラリーなどを設けた。シーズンによっては田植えや稲刈り、野菜の収穫体験なども用意する。

■ウミトタ
オープン:4月14日
場所:香川県・豊島
住所:香川県小豆郡土庄町豊島家浦423-2
延床面積:98.7平方メートル

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。