ファッション

「ウブロ」が初のライセンス イタリア インディペンデントとアイウエア

 アイウエアメーカーのイタリア インディペンデント(ITALIA INDEPENDENT)は、時計ブランドの「ウブロ(HUBLOT)」とライセンス契約を締結し、同ブランドのサングラスを手掛ける。ファースト・コレクションの発売は、今年9月の予定だ。両社はこれまで、コラボレーションという形で、時計とサングラスをセット販売してきた。

 イタリア インディペンデントのジョヴァンニ・カルリーノ(Giovanni Carlino)最高経営責任者(CEO)は、「これは、イタリア インディペンデントの再興、特にラグジュアリー・マーケットへの挑戦を象徴する大事な契約だ」とコメント。ラポ・エルカーン(Lapo Elkann)創業者も、「長きに渡り、消費者に夢を与えてきた協力関係が実を結んだ。イタリア インディペンデントの革新的なクリエイティビティが、スイスの高級時計の世界でも生かされることを誇りに思う」としている。

 同社は近年赤字が続き、経営トップの交代を含む構造改革に取り組んでいる。3月にはウォルト・ディズニー(THE WALT DISNEY)ともライセンス契約を交わし、ディズニーやマーベルのキャラクターを使うアイウエアを発売すると発表した。9月には、ミッキーマウスの生誕90周年を祝うコレクションをお披露目予定だ。

 一方、この契約はLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下の「ウブロ」にとって、初めてのライセンス契約。リカルド・グアダルーペ(Ricardo Guadalupe)CEOは、「2つのクリエイティブな魂が融合する契約は、まさに『ウブロ』の“アート・オブ・フュージョン”というコンセプトにふさわしい」と話す。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら