ファッション

創業者が狂言誘拐で逮捕! 伊アイウエア株価急落

 ラポ・エルカン(Lapo Elkann)=イタリア インディペンデント(ITALIA INDEPENDENT)会長兼共同創業者が11月27日、ニューヨークで逮捕された。これに伴い逮捕が報じられた29日、同社の株価は前日比3.4%安の2.89ユーロに下落し取引を終えた。午前中には、一時8.6%下がるほどだった。

 米国メディアによると、エルカンは26〜27日の週末、トランスジェンダーの売春婦とアルコールやドラッグを大量摂取していた。そして手持ちの金が底をつくと、狂言誘拐を計画。家族に誘拐されていることを伝え、身代金1万ドル(約112万円)を支払うように頼んだ。これを受け、家族は警察に通報。その後警察が現場に現れ、狂言誘拐と気付きその場で2人を現行犯逮捕した。エルカンは釈放されたが、虚偽の通報をしたとして出廷を命じられた。関係者からコメントは得られなかった。

 フィアット(FIAT)創業者の孫であるエルカンは、過去にもイタリアでトランスジェンダーの売春婦とドラッグの過剰摂取で死にかけ、スキャンダルになった。その後フィアットを去り、2007年にアイウエア企業イタリア インディペンデントを国際弁護士のアンドレア・テッシトーレ(Andrea Tessitore)と当時アルファ ロメオ(ALFA ROMEO)のマーケティング・ディレクターだったジョヴァンニ・アッコンジャジョーコ(Giovanni Accongiagioco)と設立した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら