ニュース

京町家ホテル「四季十楽」がオープン 10人の専門家による10のおもてなし

 京都・丸太町に12月1日、京町家ホテル「四季十楽」がオープンする。京町家が10軒ひしめく昔ながらの長屋をリノベーションし、10タイプの独立棟で構成。10人の気鋭クリエイターによる独自のおもてなしを提案する。各部屋はロフト付きの2階建てで宿泊料金は1部屋3万5000円から(季節によって変動、朝食付き)。

 朝食ディレクションは料理家の冷水希三子。季節野菜と地産食材をふんだんに使用した10品をサロンで用意する。12月のメニューは季節野菜のグリルや紅芯大根のマリネ、キヌアとハーブのサラダなど。重厚感のある門扉と朱色のサロンをデザインしたのは建築家の田根剛。入口の暖簾やロゴはアートディレクターの高岡一弥、各棟をつなぐ庭はプラントハンターの西畠清順が手掛けた。各部屋では写真家の小山泰介による写真や、京都の花屋「みたて」主人の西山隼人による四季の生花、生活雑貨店「ラウンダバウト」の小林和人オーナーがセレクトしたインテリア家具を楽しめる。野村春花による草木染め座布団や、京都の老舗出版社の光村推古書院による書籍も注目。「WHOLE TREAT SPA」代表の手島渚がプロデュースした、客室で体験できるインルームスパのサービスも行う。

 キュレーションを手掛けたのは、京都造形大学教授も務めるディレクターの後藤繁雄。「“楽”とは“自由”の意味。日常空間の町家を生かしながら非日常のおもてなしを提案するという、バランス感覚のある作家にお願いした。突き抜けすぎた空間では落ち着かないし、ただ古いものが良いというわけでもない。京町家の進化形として、新しいスタイルを作ることができた」と語った。運営するのは、京都のデベロッパーである長谷ビルディンググループ。「地場の企業が、長い目で見て京都の町家を保護し成長させるプロジェクトとして取り組んでいることも大きな意義を持つ」と続けた。