ファッション

ハウステンボスと無人島を行き来する 世界初、移動式の球体型水上ホテル稼働へ

 エイチ・アイ・エス(HIS)子会社のハウステンボスが移動式の球体型水上ホテルの稼働に向けた実証実験を開始した。同ホテルはハウステンボスと無人島をつなぐ世界初の移動式水上ホテルで、話題となったロボットが接客する「変なホテル」に続く“世界初のホテル”第2弾となる。

 実験は停泊状態、もしくは移動をしながらの宿泊をテストするもので、まずは2艇のホテルを用意し、ゴールデンウイークのモニター宿泊始動を目指す。その後、今夏の本格ローンチを見据え、中期的には10〜20艇の運営を予定する。

 ホテルは直径6.4m、2階建てのメゾネットタイプで、1階が28平方メートルの客室、2階が5平方メートルのデッキとなる。定員は9人だが、宿泊可能人数は2〜3人を想定している。室内にはトイレとジェットバス、打たせ湯、天井シャワーを完備する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら