ファッション

サウナと睡眠に特化した宿泊施設が五反田にオープン、サウナを再定義する“トランジットサービス”に

 ホテル事業を手掛けるナインアワーズが4月20日、不動産業のヴィエント・クリエーションと共同で、サウナと睡眠に特化した宿泊施設「ドシー(°C)」を五反田にオープンする。12月に開業した恵比寿店に次ぐ2店舗目で、店舗設計を建築家の長坂常スキーマ建築計画代表が手掛ける。リユースのカプセルユニットを設置し、サウナ利用に加えて、宿泊を可能にした。サウナ利用後のクールダウンには水風呂ではなく、TOTOのウォームピラーを用意。好みの水温でベンチに腰掛けてリラックスしながらクールダウンできる環境を整える。客室利用は男性のみで、164室を用意。サウナ利用が1時間1000円〜、仮眠1時間1500円〜、宿泊が4900円〜だ。

 同社は「ドシー」を旅行者がよりアクティブに活動するための宿泊施設“トランジットサービス”と位置付け、宿泊に限らずシャワーや仮眠のみの利用も受け付ける。「フィンランド発祥のサウナだが、日本では温浴施設のおまけのような存在として位置付けられていた。『ドシー』ではサウナを原点から見直し、日本らしいクリーンで気持ちの良いサービスとして再定義。これまであまり縁のなかった若年層や女性にとっても、日常の中でごく手軽に味わえるリフレッシュの道具にしたい」と同社。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。