ファッション

ワコール初の宿泊施設「京の温所」岡崎が完成

 京都に本社を構えるワコール(WACOAL)による京町家をリノベーションした初の宿泊施設「京の温所」岡崎が完成した。料金は1泊6万~18万円で、1日1組最大6人まで宿泊可能。4月28日に開業予定で、公式サイトで4月2日から予約受付を開始する。

 「京の温所」の1軒目となる同施設は、周囲に平安神宮や美術館などの観光名所が立ち並び、市内観光にアクセスの良い住宅街に位置する。1階にキッチン&ダイニングや掘りごたつ付きの和室、高野槇を使用したお風呂、トイレを備え、2階にベッドルームと和室という間取りだ。付属サービスで荷物の運搬サービスや京都の味を楽しめる調味料セットなども用意する。

 「京の温所」は住居として利用されてきた京町家の価値や特性を生かしながら、リノベーションを施した宿泊施設。泊まるだけではなく、まるで京都で暮らしているかのような“あたらしいもうひとつの日常”の滞在体験を提供する。「京の温所」のネーミングやコンセプト、ロゴデザインの監修は皆川明「ミナ ペルホネン(MINA PERHONEN)」デザイナーが手掛けた。2019年3月までに4軒の開業を予定する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら