ファッション

皆川明らがワコールの宿泊施設の京町家プロジェクトに参加

 ワコールは、2018年4月末に京町家を活用した宿泊施設「京の温所(おんどころ)」を京都の岡崎エリアにオープン予定だ。

 「京の温所」のネーミングやコンセプト、ロゴデザインの監修は「ミナ ペルホネン(MINA PERHONEN)」のデザイナーである皆川明が手掛けた。第一弾の岡崎の宿泊施設の設計は京町家のリノベーションを多く手掛ける建築家によるもので、夏以降にオープン予定の2,3軒目の設計とディレクションは建築家の中村好文が担当する。宿は、京町家の価値や特性を生かしながら、現代生活ができる住空間としてリノベーションする。京都に息づくさまざまな文化やコミュニティーと繋がる場を創出することで、宿泊施設としての機能だけでなく、より特別な滞在体験ができる宿づくりを目指す。

 11月30日には、南青山のラウンジアンクルハット(スパイラル8階)で皆川デザイナーと中村によるトークイベントも開催。五感をほぐす京都滞在の新しい形について、進行中のプランなども交えながら話す予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。