ファッション
連載 エディターズレター:FROM OUR INDUSTRY 第113回

映画やファッションに見る、日本と韓国の違い

有料会員限定記事

グッチ(GUCCI)」のクルーズ・コレクション取材でロンドンに向かう道中、映画「哀れなるものたち」を見ました。エマ・ストーン(Emma Stone)の俳優人生を賭けた演技に心底驚きました。エマ・ストーンは、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のファッションショーで何度かお見かけしましたが、これからは心の中で「ブラボー!」という声援を送りながらパパラッチしそうです(笑)。

海外取材では、同業他社の編集長たちと機内で見た映画の話になることが多いです。もちろん「哀れなるものたち」も話題になりましたが、昨今よく話すのは、韓国映画の話。情報には敏感な方々ですから、多くの話題作をご覧になり一定の評価をしつつも、コンテンツのプロとして忌憚なきコメントをなさいます。その中で、「海外を目指すとき、韓国映画はセンセーショナルなストーリーと過激な描写に走りがち。一方の日本映画は、地味でも深淵なストーリー描写を目指す。前者がアメリカの映画の祭典、後者がヨーロッパの映画祭で高く評価されるのは、頷けるところ」との指摘があり、「なるほど」と思いました。

頭の中に浮かんだのは、「パラサイト 半地下の家族」と「ドライブ・マイ・カー」です。前者は、カンヌでパルムドールを獲得しているのでヨーロッパの映画祭でも高く評価されているわけですが、貧富というわかりやすい二項対立や、センセーショナルなエンディングが話題となりました。一方の後者は、結構ずっと車の中(笑)。淡々とした描写だからこそ、いろんな感情が垣間見えるし、感じられます。

この続きを読むには…
残り841⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。