ファッション
連載 エディターズレター:FROM OUR INDUSTRY 第106回

六本木から徒歩圏なのに「新しい街」になりつつある麻布台ヒルズ

有料会員限定記事

六本木から徒歩圏なのに「新しい街」になりつつある麻布台ヒルズ

オープンしてしばらく経過した麻布台ヒルズですが、関係者によると「今なお、いろんな施設やショップが次々とオープンしているので、来街者の波が何度もある」そうです。その関係者によると、好調なのは「ルルレモン(LULULEMON)」「ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)」そして「パリゴ(PARIGOT)」。ここに、アート界では3本の指に入るという「ペース(PACE)」が春にオープンすると、また街は違った雰囲気になるのでしょうか?楽しみですね。

私はメーンとなる建物の内覧会には伺えませんでしたが、その後順次オープンしている「エルメス(HERMES)」や「ディオール(DIOR)」「カルティエ(CARTIER)」そして「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー(OFFICINE UNIVERSELLE BULY)」の内覧会に伺いました。特に「エルメス」や「カルティエ」「ディオール」は、富裕層対策が鮮明です。店頭に並んでいるバッグはカーフレザーではなくクロコダイルやパイソンなどのエキゾチックレザーだったり、宝飾もエントリープライスのコスチュームジュエリーではなくて貴石を使ったファインジュエリーだったりと、麻布台ヒルズの店舗は商材もスペシャル。加えて2階をVIP・VICの上顧客に向けた予約制の空間にしたり、毎週月曜日を定休日にして様々なイベントを開催しようと試みたり。デベロッパーを担う森ビルの強いリクエストも踏まえ、隣接する六本木や虎ノ門とも違う街やコミュニティーを作ろうという心意気が伺えます。

この続きを読むには…
残り942⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。