ビジネス
連載 齊藤孝浩の業界のミカタ 第60回

34期連続増収増益のドンキに学ぶ ディスカウントストアの勝ち残り戦略

有料会員限定記事

企業が期ごとに発表する決算書には、その企業を知る上で重要な数字やメッセージが記されている。企業分析を続けるプロは、どこに目を付け、そこから何を読み取るのか。この連載では「ユニクロ対ZARA」「アパレル・サバイバル」(共に日本経済新聞出版社)の著者でもある齊藤孝浩ディマンドワークス代表が、企業の決算書やリポートなどを読む際にどこに注目し、どう解釈するかを明かしていく。今回は、パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)の財務諸表からその継続成長の秘密を探る。(この記事は「WWDJAPAN」2024年4月8日号からの抜粋です)

今回は1号店の出店以来「34期連続増収・営業増益達成」という実績を上げた、ドン・キホーテ(以下、ドンキ)を擁するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)の財務諸表から、そのビジネスモデルと強みを考えてみます。

PPIHの創業は1980年。「泥棒市場」という24時まで営業する雑貨店で成功した安田隆夫・創業会長兼最高顧問がジャスト(現PPIH)を創業して、89年に府中にドンキ1号店をオープン。2023年6月期の売上高は1兆9368億円で、営業利益は1053億円で、創業以来、増収増益を続けています。日本の小売業の中ではセブン&アイ・ホールディングス、イオン、ファーストリテイリングに次ぐ第4位の売り上げ規模になります。

PPIH連結 売上高、営業利益率の推移

10店舗を構える前にPOS(販売時点情報管理)やEOS(電子発注システム)を導入し、その後、1996年の株式店頭公開を経て、10店舗目を出した翌年に東証2部に上場しているあたり、かなり初期から大規模なチェーンストア展開を想定していたのだろうと思われます。

2000年に東証1部に上場して、そこから全国展開、06年にダイエーのハワイを買収して海外進出を果たし、同年、長崎屋、MARUKAI(米国のスーパーマーケット)を買収。さらに、直近ではユニーを買収した19年に大きく規模を拡大しました。店舗数は23年6月末時点で718店。ユニーが展開していたGMSの「アピタ」「ピアゴ」(131店舗)以外は、基本的にディスカウントストア事業(486店舗)で、国内に617店構えています。海外では米国に65店、アジアに36店。基本的に海外は食品がメインで、日本の食材や惣菜が買える店として知られています。

この続きを読むには…
残り2488⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。