ファッション

「スノーピーク ライフ ビオトープ ストア 二子玉川」はギアの日常提案が楽しく、家具もそろう新業態  連載「ミステリーショッパーが行く!」

有料会員限定記事

 百貨店からショッピングセンター、個店、ECまで、さまざまなショップを覆面調査員がリポートする連載「ミステリーショッパーが行く!」。今回は、4月に東京・二子玉川の「二子玉川ライズ」2階にオープンした「スノーピーク ライフ ビオトープ ストア 二子玉川」を調査。キャンプシーン以外から“野遊び”の価値を提案するプロジェクト“ライフビオトープ”の一環としてオープンした新業態で、スノーピーク初の家具ブランド「ツグカ」を展示・販売するほか、日常使いできるギアやアパレル、雑貨や食品などが並ぶ。店舗面積は約340平方メートル。(この記事はWWDジャパン2022年5月30日号からの抜粋に加筆をしています)

■今回の担当調査員
加賀美勉(55)
PROFILE:百貨店やコンサルティング会社を経て、現在は商業関連メーカーで販促プロモーションの開発にいそしむ。自称“プロの消費者”として百貨店をウオッチし続ける。革靴とワインを語り始めると止まらない。調査歴17年

高瀬浩子(45)
PROFILE:百貨店でインポートブランドの販売、広報を経験後、インテリアパーツの輸入・販売代理店に勤務。出産を経験し、今は実務翻訳家として活動。買い物は、マッサージを超えた究極の癒し!と公言。調査歴17年

調査日時:加賀美調査員2022年5月25日(水)15:00〜 晴れ 23℃ 高瀬調査員2022年5月21日(土)15:00〜 晴れ 18℃
ILUUSTRATION:ERI KOJIMA

【環境・施設】

加賀美:「蔦屋家電」を中心に、放射状にテナントが並ぶエリアの一角にあります。同店の入り口付近の書店コーナーにはキャンプや旅などの雑誌・書籍が置いてあり、相乗効果も抜群です。

高瀬:入ってすぐに大きなテントが張ってあり、アウトドアブランドの店だと一目で分かります。訪問前はスペースが限定された雑貨店をイメージしていましたが、広々とした店舗でびっくり。

この続きを読むには…
残り1137⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら