ファッション

5年で売上高2.5倍のスノーピーク快進撃を読み解く 第1回・山井梨沙社長による“ビジョンの明確化”

有料会員限定記事

 アウトドアメーカーのスノーピークが躍進している。2021年12月期の売上高は過去最高の257億円を記録し、コロナに見舞われながらも05年から16期連続の増収を達成。5年で売上高2.5倍という勢いだ。

 同社は1958年、登山好きな創業者の山井幸雄が地元の新潟・燕三条で金物問屋として設立。職人技を生かしたオリジナルの登山用具を開発・販売した。1986年に2代目の山井太現会長がオートキャンプ事業を本格始動させ、マーケットを拡大。その後、2012年に現社長の山井梨沙が入社し、14年にアパレル事業を立ち上げると、年間で25億円を売り上げるまで成長した。

 20年には“衣食住働遊”を事業テーマに掲げ、アーバンアウトドア(住)、キャンピングオフィス(働)、レストラン(食)、温浴施設(遊)と事業の幅を広げている。新規事業は、主力のギアやアパレルよりも規模は小さいものの、キャンパー以外の層を巻き込み、スノーピークの掲げる“自然志向のライフバリュー”を伝える役目を担う。

 地元に根ざす小さなアウトドア企業が、短期間で飛躍してきた秘訣とは?連載では、キーパーソンへのインタビューやステークホルダーの声からヒントを探る。

 第1回は、山井梨沙スノーピーク社長へのインタビューをお届け。2012年に入社し、14年にアパレル事業を立ち上げて市場開拓に貢献してきただけでなく、19年末に“The Snow Peak Way”というミッションステートメントを改定。20年に“衣食住働遊”という5つの事業テーマを設定するなど、企業のビジョンの言語化・可視化を徹底し、成長の礎を築く立役者でもある。現職に就任して3年目を迎えた彼女に、これまでの道のりと、今後の野望を聞く。

WWD:昨年は過去最高の売上高を記録し、2022年1〜3月期も前年同期比40%増と好調に推移している。数字では大きな成果を収めているが、ここまで順風満帆だった?

山井梨沙スノーピーク社長(以下、山井):20年3月に就任し、4月にはコロナの第1波が来た。経営者としての経験のなさや未熟さを痛感させられた。結果として売り上げはついてきたが、かねて続けてきた事業が時代の転換に合致しただけで、私の力ではない。しかし、社員一人一人が主体的に動き、新しい価値を生み出し続ける姿勢が見えてきたからこそ、ここまで伸びたのかなと思う。

この続きを読むには…
残り1969⽂字, 画像15枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。