ファッション

「アンブッシュ」がNFTとメタバースの同時実装で目指す先とは? VERBALに直撃

有料会員限定記事

アンブッシュ(AMBUSH)」は2月にNFTプロジェクトを開始し、3月に “アンブッシュ シルバーファクトリー”という独自メタバースも期間限定公開した。アーティストで、クリエイターで、ビジネスマン。国際的に活躍するVERBALに同プロジェクトの狙いや成果を聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2022年6月6日号メタバース特集からの先行公開です)

WWD:“アンブッシュ シルバーファクトリー”立ち上げの経緯は?

VERBAL:もともと VR(仮想空間)が好きで、アーティスト活動をする中で、2012年からモーションキャプチャースーツを使用したコンテンツ制作を始め、ステージにプロジェクションマッピングなども取り入れたりしていた。モーションキャプチャースーツがバーチャル空間のアバターの動きに転用できることに気付き、それらを駆使したイベント制作やレンタル事業もしていたことがある。コロナ禍でライブができなくなったときには「バーチャルマーケット」にも参加し、音楽イベントも開催した。テクノロジーを活用して面白い表現や、今までできなかったようなことに挑戦するのが大好きで、今はNFTとメタバースにハマっている。メタバースでは、アバターのファッションを楽しんだり、アバターに着させるということ以前に、火の玉でも何にでもなれるのが面白いところ。メタバースでの体験を通してファッションの概念を変え、クリエイティブの幅を広げられたらと考えている。“シルバーファクトリー”を、コミュニティーを強化するためのコミュニケーションの一つにしていきたくて、模索している最中だ。

この続きを読むには…
残り1637⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら