ファッション

ユーザーとのコミュニケーションが肝 私たちがメタバースに取り組む理由【大丸松坂屋百貨店編】

有料会員限定記事

 大丸松坂屋百貨店は、ギフト企画担当者が販売促進の新しい形として興味を持ったことがきっかけで、2020年12月から3度、「バーチャルマーケット」に出展している。これまで食品ECへ送客し、食品3Dモデルも販売。販促目的で小さく始めて、知見をため、いよいよ本腰を入れる。(この記事は「WWDJAPAN」2022年6月6日号メタバース特集からの先行公開です)

 「コロナ禍でお客さまが来店できないなら、仮想空間で店を作ってみたらいいかもしれない。バーチャルカタログができるなら、紙の削減もできるし、面白いかもしれないと考えた」と田中直毅ギフト企画担当。時間と場所の制約を克服するDXを推進すべく、商品および商品に関する環境やサービスを開発するMDコンテンツ開発部の施策の1つとして、2020年12月に“軽い気持ち”で「バーチャルマーケット」に出展した。「割と手軽に出展できたし、ECの入り口になればいいなとシンプルに始めた」と振り返る。

この続きを読むには…
残り1484⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。