ファッション

バーチャルでもセレクトショップ! 私たちがメタバースに取り組む理由【ビームス編】

有料会員限定記事

 ビームス(BEAMS)はHIKKYとxR領域における業務提携を結び、2020年12月から3度、「バーチャルマーケット(VIRTUAL MARKET)」に出展した。毎回、原宿店イメージのバーチャルショップを設置。初回はロケットを発射できるギミック、2回目(21年8月)は東上野にある銭湯を、3回目(21年12月)は昭和の浅草を再現と、毎回エンターテインメント性の高い空間作りをして話題を集めている。特筆すべきはスタッフによるリアルタイム接客。これによりリアル店舗への送客に成功している。(この記事は「WWDJAPAN」2022年6月6日号メタバース特集からの先行公開です) 

 自他共に認めるミーハー、設楽洋社長のアンテナが働き、ビームスは早々にVR法人HIKKYとxR領域における業務提携を結び、世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット」にショップを構えた。ゴーグルをかぶり、アバターとなって動くことをトップが率先して楽しみ、ビジネスとして挑む企業は、ファッション業界広しといえど、ビームス以外にない。

 「メタバースの中でもセレクトショップでありたい」と木下香奈ビームスクリエイティブVR担当。「リアルでこれまでやってきたさまざまな人たちとのコラボレーションや、つながり合うことでの化学反応から生み出される楽しさを提供したい」。

この続きを読むには…
残り3254⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。