ファッション

ECのバーチャル版ではない? 私たちがメタバースに取り組む理由【三越伊勢丹編】

有料会員限定記事

 三越伊勢丹は2021年3月、VRアプリ「レヴ ワールズ(REV WORLDS)」を公開した。同アプリは新宿駅東口を思わせる仮想都市のコミュニケーションプラットフォーム。ユーザーはアバターの顔や髪形、服装などを選べ、そのアバターを操作することで、仮想伊勢丹新宿店での買い物やエリア内の散策を楽しめる。外部の協力を得ながらではあるが、企画・制作・運営を12人の社員中心で行い、独自のサービスを追求する。(この記事は「WWDJAPAN」2022年6月6日号メタバース特集からの先行公開です)

 伊勢丹新宿本店のバーチャル店舗があるからといって、「レヴ ワールズ」をバーチャルショッピングアプリだと思ってはいけない。

 「作りたいのは、コミュニケーションのサービス。超アナログなDXをしたい」と仲田朝彦デジタル事業運営部レヴ ワールズ マネージャー。社内起業制度を活用して事業を立ち上げた。「昔、おばあちゃんに買ってもらったセーター、みたいな購買体験は、今のECにはない。誰かと一緒に体験したというような付加価値を創造するサービスを提供したい。リアルじゃなかなか接点を持たないような、遠方の人や次の世代の子どもたち、出かけるのが難しくなった年配の人たちとも接点を持てる、誰にでも“開かれた場”にしたい」。

 アプリの画面を開くと、新宿駅東口を思わせる街が広がっており、遠くに仮想伊勢丹新宿店が見える。十字キーでアバターを操作でき、メニューを開けば着せ替えや目的地への移動も簡単。アバターのアシスタントとして猫(か犬)が後ろからついてくるのが可愛い。待ち合わせやチャット、アクション機能も装備している。アクセスごとにコインが貯まるようになっており、たまったコインとの交換で着せ替えアイテムを獲得できる。

この続きを読むには…
残り1915⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら