ファッション

三越伊勢丹 駆け出し販売員としての経験が「メタバース事業」につながった【私が新入社員だった頃】

有料会員限定記事

 仮想世界の百貨店「バーチャル伊勢丹」は、メタバース時代の新しい事業モデルとして注目を集めている。今ではデジタルの最前線に立つ三越伊勢丹の仲田朝彦さんだが、入社当時すでに百貨店は「冬の時代」と呼ばれていた。迷いを打破させたのが販売員としての接客経験だった。(この記事はWWDジャパン2022年4月4日号からの抜粋です)

 1年目は伊勢丹新宿本店メンズ館のフォーマルウエア、2年目はインポートブランドの販売担当として配属されました。新入社員に悩みはつきもの。でも私の場合、1年目(08年)がリーマン・ショックで、お客さまがぱたっと来なくなりました。ろくに接客できずに何時間も立ち尽くす日も。先行きについての不安と同時に、自分の無力さに焦りも感じていました。

この続きを読むには…
残り1032⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら