ファッション

王者「ナイキ」のデザインチームトップが語る強さの秘訣 キーパーソン3人が見据える今とこれから【中編】

有料会員限定記事

 世界中に1000人以上いるナイキ(NIKE)のフットウエアとアパレル部門のデザインチームを率いるジョン・ホーク(John Hoke)=チーフ・デザイン・オフィサー(CDO)は、「私は失読症なんだ」と語る。「私の最初の言語は絵だった。全てを絵にしていたし、それが世界をナビゲートする方法であり、私が物事の仕組みや作り方を認識する方法だった」。

 運動が得意だったホークCDOは、「70年代には、クロスカントリーチームの先輩が履いているレース用シューズやトレーニングシューズをずっと観察していたが、それらは全て『ナイキ』の“ワッフルトレーナー”だった。私は家に帰ると『ナイキ』の“スウッシュ”をあしらったスニーカーを描いていた。これが私の夏休みの過ごし方だった」と話す。

 ホークCDOは、子どものころから常識を疑うタイプだったという。「ある夏の日の午後、プールでゴム製の浮き台に乗りながら、『これをマットレス状に縮めて足の下に敷いたらどうだろう?そうすれば衝撃を吸収し、バネの力を強化してくれるんじゃないだろうか?』と考えた」。ホークCDOは即座にスケッチブックを手に取り、アイデアを設計図に落とし込んでいったという。その出来は、エンジニアだったホークCDOの父親にナイキの共同創業者であるフィル・ナイト(Phil Knight)に送るよう勧められたほどだった。

この続きを読むには…
残り2804⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら