ファッション

王者「ナイキ」のデザインチームトップが語る強さの秘訣 キーパーソン3人が見据える今とこれから【中編】

有料会員限定記事

 世界中に1000人以上いるナイキ(NIKE)のフットウエアとアパレル部門のデザインチームを率いるジョン・ホーク(John Hoke)=チーフ・デザイン・オフィサー(CDO)は、「私は失読症なんだ」と語る。「私の最初の言語は絵だった。全てを絵にしていたし、それが世界をナビゲートする方法であり、私が物事の仕組みや作り方を認識する方法だった」。

 運動が得意だったホークCDOは、「70年代には、クロスカントリーチームの先輩が履いているレース用シューズやトレーニングシューズをずっと観察していたが、それらは全て『ナイキ』の“ワッフルトレーナー”だった。私は家に帰ると『ナイキ』の“スウッシュ”をあしらったスニーカーを描いていた。これが私の夏休みの過ごし方だった」と話す。

 ホークCDOは、子どものころから常識を疑うタイプだったという。「ある夏の日の午後、プールでゴム製の浮き台に乗りながら、『これをマットレス状に縮めて足の下に敷いたらどうだろう?そうすれば衝撃を吸収し、バネの力を強化してくれるんじゃないだろうか?』と考えた」。ホークCDOは即座にスケッチブックを手に取り、アイデアを設計図に落とし込んでいったという。その出来は、エンジニアだったホークCDOの父親にナイキの共同創業者であるフィル・ナイト(Phil Knight)に送るよう勧められたほどだった。

この続きを読むには…
残り2804⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

ファッションの記事一覧

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。